スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ソフトB王監督「やらんでいい点」(日刊スポーツ)
<ロッテ4―1ソフトバンク>◇30日◇千葉マリン  ソフトバンクの連勝が、止まるべくして「4」で止まった。試合後 ..
王監督は立ち止まることなく 移動バスへ向かった。「やらんでもいい点だった。今年は6球団の力が接近しているから ミスと言うか やらなくていい点をやらないようにしないといけないんだが」。2回の4失点は ミスから生まれた。  四死球で1死一 二塁のピンチを招いた先発神内が 8番竹原のカウント2-2から暴投した。捕手の山崎は一瞬 ボールを見失った。ミスがミスを呼ぶ。二塁へ悪送球し 先制点を献上した。直後にカウント2-3からロッテ竹原に直球を狙い打ちされ さらに1失点。9番青野には左越え2ランを浴びた。「あの回だけだったな。スキを見せた方が負け」。王監督は歯がゆさを隠せなかった。  4連勝を決めた前夜 王監督は“予言”していた。「つまらないミスをしないように もう1回 引き締めていきましょう」。この日のロッテ先発は渡辺俊。不振の昨年は2勝0敗 とカモにしたが 一昨年は1勝4敗 防御率2・70に抑え込まれた天敵。「渡辺俊は去年が悪すぎた。今年はどうか まず見てみないとね」。WBCで全日本のエースに指名しただけに 王監督も試合前から警戒心を緩めなかった。自慢の打線が沈黙した。6安打1得点で完投を許した。4回の1点は 敵失で無死二塁とし 川崎が左前適時打を放った。2回の4失点は四球 死球 暴投 捕手悪送球 と4つのミスが重なった。1得点は敵失から生まれた。王監督の懸念通り ミスの数が そのまま得失点に表れた。  5連勝なら早くも昨年の最多連勝に並ぶはずだった。「しゃーない。今日はぐっすり寝ましょう」と 王監督は真っ先にバスへ乗り込んだ。順調に白星を重ねたソフトバンクを戒める 今季2敗目だった。【中村泰三】  ソフトバンク多村(ロッテ先発渡辺俊に対し)「あまりいないタイプの投手だし やっぱり難しいね。でもイメージはできたので 次は打ちたい」  ソフトバンク杉本投手コーチ(7回3安打4失点で黒星を喫した先発神内に)「もう少し緩急を使えばよかった。直球に頼り過ぎていたかな」
スポンサーサイト
【2007/04/01 18:02 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<インドが4月に貿易主要国との会合を主催、ドーハ・ラウンドの進展目指す(ロイター) | ホーム | 資格不正 シンドラー社厳重注意(日刊ゲンダイ)>>
コメント
はじめまして^^

私の情報サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/gomamint2008/archives/50084030.html
です。
【2007/04/01 18:43】| URL | インフォ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。