スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ASUSTeK、ノートPC用の外付けビデオカードBOXを国内初公開(RBB TODAY)
 ASUSTeK主催(株式会社ユニティ協賛)の秋葉原イベント「ASUS春のフレッシュフェア」が、東京・秋葉原の“CAFFE SOLARE 秋葉原店”で31日開催された。同社が販売しているWindows Vista Editionシリーズのマザーボードを採用した自作PCの展示デモや ..
ベアボーンPCの自作教室 加えてノートPC用の外付けビデオカードボックス「XG Station」と“GeForce 8800 GTX”搭載カードの水冷モデル「EN8800GTX AquaTank/HTDP/768M」が国内初公開となった。 イベント風景の写真はこちら  「XG Station」は 本体内部にPCI Express x16対応ビデオカードと電源を内蔵(販売されるときにはビデオカードが搭載された状態であるのか ユーザーが取り付けるタイプになるのかは未定)。これをノートPCのExpressCardスロットに接続するという今までにないコンセプトの製品だ。  あえて言うならばノートPC用の外付けビデオカードBOXといったところか。会場内にいたメーカー関係者の話によると PCI Express x16のビデオカードであればNVIDIAのGeForce系/AMDのRadeon系ともに搭載可能で 大型冷却ファンを採用する2スロット仕様のカードも搭載可能という。  フロントには稼動状況を表示するディスプレイとボリュームボタンを備え ダイヤルのように回すことでPCのサウンド音量やGPUクロック ビデオカードのファンスピードなどが変更可能となる。ExpressCardを利用するということでPCI Expressの帯域はx1となるが それでも小型のノートPCなどで採用されているチップセット統合のビデオ機能よりは 格段上のパフォーマンスを発揮してくれるという。ちなみに今回のイベントで展示されていた実機には“GeForce 7900 GS”を搭載したビデオカードを採用していた。「発売予定は5月以降で 国内での予価も未定です」ということだが ノートPCユーザーにとって気になる製品であるのは間違いない。  一方 PC自作ユーザーにとって注目だったのが“GeForce 8800 GTX”搭載ビデオカードの水冷版となる「EN8800GTX AquaTank/HTDP/768M」。現在 ビデオカードの最高峰に位置する“GeForce 8800 GTX”を水冷化 さらに大幅クロックアップを施したという製品だ。ビデオカードで2スロット 水冷ユニット部で2スロットの計4スロットを占有するというまさにモンスター級のビデオカードで 販売価格も約10万円。来週 少量ながら秋葉原のパーツショップに出荷されるという。 イベント風景の写真はこちら 【このニュースの関連記事】 ASUSTeK ベリーダンサーやDJも登場! ASUSTeK 新製品発表会でSideShow対応ノートPCなど ASUS Windows Vista向け機能を搭載するVista Editionマザー ASUS 牛革張りのVista搭載ハイスペックノートPC「W6Fp」 http://www.rbbtoday.com/
スポンサーサイト
【2007/04/02 04:51 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<交通事故多発国の汚名返上へ、事故車を道路に掲げて「命を大切に」(Record China) | ホーム | 「歴史認識が障害」 外相会談 韓国、日本の対応批判(産経新聞)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。